不動産媒介契約の種類について

媒介契約の型式は3つあります不動産媒介契約の種類について不動産を売却することになり、不動産業者へ売却の媒介(仲介)を依頼する際には、お互いの間で「媒介契約書」を取り交わします。

媒介契約とは、売主が不動産業者に売却することについて仲介を依頼し、不動産業者がこれを引き受ける事、そしてお互いの約束事を書面にしたもので、国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づく契約となります。

媒介契約の型式は3つあります。専属専任媒介契約型式
売却の仲介を依頼できる不動産業者は1社だけで、自分で見つけた買主であってもお願いした不動産業者の仲介無しでは契約できません。

専任媒介契約型式
売却の仲介を依頼できる不動産業者は1社だけですが、自分で見つけた買主については依頼した不動産業者の仲介無しでも契約することができます。

一般媒介契約型式
複数の不動産業者に売却依頼することができ、自分で見つけた買主についても依頼した不動産業者の仲介無しで契約することができます。

状況によって、どちらの型式を選ぶのかは売主様次第ですが、一般媒介契約の場合でも、あまり多くの不動産業者に依頼せず、せいぜい2~3社程度にして下さい。

販売状況確認のため、依頼した業者全てから頻繁に連絡が入りますし、販売条件の変更等は、売主様から全ての業者に連絡をして頂く必要があります。

不動産業者としても、あまり多くの不動産業者が関わっている物件については、販売活動に力が入りません。

不動産売買のポイント
  • 不動産売買の流れ
    不動産売買の流れ
    月々の支払い可能額、自己資金から、いくらまでの物件が購入可能なのか、予め把握しておきましょう。住宅ローンの手続きも、当社までご相談下さい!
  • 少しでも高い価格で売却するコツ
    少しでも高い価格で売却するコツ
    査定額がいくら高くても、買い手がつかなければ絵に描いた餅です。少しでも高く売却するためには、ポイントが2つあります。
任意売却について
  • 任意売却の流れ
    任意売却の流れ
    当社で仲介させて頂いた任意売却の中で、一番多いケースの住宅金融支援機構が債権者の場合について、おおよその流れをご説明します。
  • 競売と任意売却を比較
    競売と任意売却を比較
    任意売却は債権者との交渉、承諾を得ながら進めるのに対して、競売は債権者の申立てにより、裁判所が強制的に住宅を処分する裁判手続きになります。