査定価格の算出方法

査定金額を算出するチェックポイントチェックポイント不動産を売りたい、または買いたい時、どちらも「いくらなのか」が最も気になる所です。一般的に、売却の依頼を受けた不動産業者が「査定」行います。案件によっては、不動産鑑定士による鑑定を行う場合もあります。

(1)現地調査
・上下水道、ガスの状況
・隣地境界、ブロック塀等の状況
・道路の幅員、側溝の状況
・電柱等支障物件の状況等

(2)官公庁調査
・道路調査(幅員、公道・私道、その他)
・都市計画区域、用途地域等の確認
・都市計画道路等の計画の有無
・その他法令制限の有無
土地を購入した後になって規制があり家を建てる事ができなかった、希望の大きさの家を建てることができなかったとしたら、大問題になります。売却の前に、こうした法律的な制限をチェックします。

(3)査定
・路線価・地価公示価格
・近隣での取引価格
・土地の形(整形地、変形地)
・間口の状況(道路と敷地が接する長さ)
・前面道路の状況(幅員、公道か私道か)
・上下水道設備(敷地内に有りか無しか)
・建物の築年数
・リフォームの有無
・リフォームが必要な場合、概算金額

まだまだありますが、おおよそこのような点を考慮して査定金額を算出します。
最後に売主様と相談し、価格を決めます。

「査定価格」=「売主様と買主様が双方納得できる価格」であれば、早期に契約成立の可能性が高くなりますが、こればかりは売却活動を始めてみないとわかりません。

不動産売買のポイント
  • 不動産売買の流れ
    不動産売買の流れ
    月々の支払い可能額、自己資金から、いくらまでの物件が購入可能なのか、予め把握しておきましょう。住宅ローンの手続きも、当社までご相談下さい!
  • 少しでも高い価格で売却するコツ
    少しでも高い価格で売却するコツ
    査定額がいくら高くても、買い手がつかなければ絵に描いた餅です。少しでも高く売却するためには、ポイントが2つあります。
任意売却について
  • 任意売却の流れ
    任意売却の流れ
    当社で仲介させて頂いた任意売却の中で、一番多いケースの住宅金融支援機構が債権者の場合について、おおよその流れをご説明します。
  • 競売と任意売却を比較
    競売と任意売却を比較
    任意売却は債権者との交渉、承諾を得ながら進めるのに対して、競売は債権者の申立てにより、裁判所が強制的に住宅を処分する裁判手続きになります。