不動産売買の流れ

資金計画から引越しまで資金計画から引越しまで(1)資金計画
月々の支払い可能額、自己資金から、いくらまでの物件が購入可能なのか、予め把握しておきましょう。住宅ローンの手続きについても、当社までご相談下さい。

(2)物件探し
インターネット、不動産広告等で条件に希望条件に近い物件を探します。

(3)物件の確認
土地、中古住宅、中古マンション等、いずれの場合でも、必ず物件を見に行きます。不明な点があれば、購入申し込みの前にキチンと確認することが大事です。

(4)購入申し込み、契約
売主様へ書面にて購入の意思表示をします。
住宅ローンを申し込む場合は、契約前に事前申込をして、審査の承認をもらいます。
お互いの条件がまとまったら、いよいよ売買契約を締結します。

(5)住宅ローンの申し込み
売買契約後に、住宅ローンの本申込みを行います。事前審査で承認を得ているので、数日で審査結果について連絡が来ます。

(6)物件の引渡し
売買代金の支払いと同時に、所有権移転の登記申請を行います。司法書士が立ち会いの元、必要書類が全て整ってから代金の支払いとなります。

(7)引越し
いよいよ新居での生活が始まります。

不動産売買のポイント
  • 不動産売買の流れ
    不動産売買の流れ
    月々の支払い可能額、自己資金から、いくらまでの物件が購入可能なのか、予め把握しておきましょう。住宅ローンの手続きも、当社までご相談下さい!
  • 少しでも高い価格で売却するコツ
    少しでも高い価格で売却するコツ
    査定額がいくら高くても、買い手がつかなければ絵に描いた餅です。少しでも高く売却するためには、ポイントが2つあります。
任意売却について
  • 任意売却の流れ
    任意売却の流れ
    当社で仲介させて頂いた任意売却の中で、一番多いケースの住宅金融支援機構が債権者の場合について、おおよその流れをご説明します。
  • 競売と任意売却を比較
    競売と任意売却を比較
    任意売却は債権者との交渉、承諾を得ながら進めるのに対して、競売は債権者の申立てにより、裁判所が強制的に住宅を処分する裁判手続きになります。