少しでも高い価格で売却するコツ

高く売却するための2つのポイント!ポイント売却の査定を、複数の業者に依頼するお客様がいらっしゃいます。比較検討すること自体は、何も悪いことではありませんし、査定を断る業者は少ないでしょう。

A社の査定額は1,200万円、B社の査定額は1,100万円、C社の査定額は1,000万円。どこにお願いしますか?
普通はA社ですね。しかし、1ヶ月、2ヶ月、半年経っても売れる気配がありません。

A社から「値段を下げてみましょう」と連絡が来ます。
今度は1,100万円で売りに出しますが、やはり売れる気配がありません。
1年後に、ようやく購入希望者が現れます。
しかし、購入希望額は900万円です。どうしようか悩みますが、結局900万で売ることにしました。

全部がこんなケースとは言いませんが、売却依頼が欲しいため、高い査定価格を提示する業者がいます。査定額がいくら高くても、買い手がつかなければ絵に描いた餅です。

高く売却するためには、ポイントが2つあります。
1つは、早く売ることです。土地の価格は年々下落し、建物も傷んできます。先のケースでは、最初にB社かC社に依頼していれば、900万よりも高く売れたかも知れません。

2つ目は、整理整頓です。中古住宅は何百万、何千万の商品です。よほどの状態でない限り、傷んだ所を直したりする必要はありませんが、購入希望者が見学にお邪魔した時、荷物だらけの散らかった状態では、なかなか買い手がつきません。早く売るためにはお客様の協力が必要になります。

不動産売買のポイント
  • 不動産売買の流れ
    不動産売買の流れ
    月々の支払い可能額、自己資金から、いくらまでの物件が購入可能なのか、予め把握しておきましょう。住宅ローンの手続きも、当社までご相談下さい!
  • 少しでも高い価格で売却するコツ
    少しでも高い価格で売却するコツ
    査定額がいくら高くても、買い手がつかなければ絵に描いた餅です。少しでも高く売却するためには、ポイントが2つあります。
任意売却について
  • 任意売却の流れ
    任意売却の流れ
    当社で仲介させて頂いた任意売却の中で、一番多いケースの住宅金融支援機構が債権者の場合について、おおよその流れをご説明します。
  • 競売と任意売却を比較
    競売と任意売却を比較
    任意売却は債権者との交渉、承諾を得ながら進めるのに対して、競売は債権者の申立てにより、裁判所が強制的に住宅を処分する裁判手続きになります。